雑学クイズzoo > なぜ、同性が好きな男性を「オカマ」と呼ぶ?
「オカマ」という呼び方・・・
 >>> 同性が好きな男性は「オカマ」とも呼ばれる。

この言葉のルーツは古く、江戸時代にまでさかのぼるらしい。江戸時代は、男性同士が愛し合うケースが少なくなく、男同士で美少年の取り合いをしたという話も数多い。男性のなかには、少年を好んで欲を満たす者が少なくなかったのだ。
江戸時代には、そんな男性のための売春所が設けられ、陰間茶屋(かげまぢゃや)と呼ばれていた。陰間とは、その茶屋で男色を売る男性のことだ。陰間になるのは役者志望の若者が多く、役者として売れるまでのアルバイト的な意味もあった。
その男娼をさす「陰間」が、やがて同性を愛する男性を意味するようになる。そしていつしか「カゲマ」から「カマ」、さらに「オカマ」へと変わっていったとみられる。

ただ、これには異説もある。江戸時代、尻のことを「御釜」ともいったので、男性同士の性愛で、相手の尻で性交することを「御釜を掘る」といううち、同性を愛する男性を「オカマ」と呼ぶようになったという説もある。

18kin.gif

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧