雑学クイズzoo > 気象情報の「不快指数」はどう算出しているのか?

zatugakuq1.gif
気象情報の「不快指数」はどう算出しているのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>じめじめした梅雨の時期に、朝の情報番組ではお天気お姉さんが「今日の不快指数は70パーセントです」と笑顔で解説。その言葉に「ああ、やっぱり…」と納得させられることも多いでしょう。ではこの「不快指数」、どのように算出されているのでしょうか。

不快指数は1959年にアメリカで誕生したもので、簡単にいうと気温と湿度を組み合わせて算出した「蒸し暑さ」を表す指数のことです。
当初は冷暖房の電力の目安にするために考案され、やがて天気予報でも用いられるようになりました。日本では1961年から気象庁で採用されています。

算出方法はいくつかありますが、よく使われている計算式は以下のとおり。
「0.81T+0.01U(0.99T-14.3)+46.3」(Tは気温、Uは湿度)
これに具体的な数字を当てはめてみると、例えば気温25℃で湿度が30パーセントのとき、不快指数は70になります。不快指数は一般に77を超えると二人にひとりの人が、85以上だと全員が不快に感じるといわれているため、70はとりあえず「快適」といえる数字です。
逆に同じ気温25℃でも湿度が90パーセントなら不快指数は76の「やや暑い」で、大多数の人が蒸し暑さに不快感を覚えるようになります。

ただ、不快指数に風は全く考慮されません。同じ多湿でも、風が吹けば不快感は多少和らぎますので、その感じ方は場所などによっても個人差が生じます。

ちなみに現在は消費電力の目安には別の方法が用いられており、今となってはその日の蒸し暑さを再確認するだけのものとなっています。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧