雑学クイズzoo > 「お帰りになられる」が敬語として正しくないのはなぜか?

zatugakuq1.gif
なぜ「お帰りになられる」が敬語として正しくないのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>ファーストフード店などで注文すると、「こちらでお召し上がりになられますか?」と言われることがあります。普段は聞き流しがちですが、これこそが二重敬語というものです。

「お召し上がりになられる」を分解すると、「お」「召し上がる」「?になられる」となります。「召し上がる」だけで「食べる」の尊敬語であるのに、さらに「お」と「?になられる」という敬語がついてしまっているのです。
正しくは「こちらで召し上がりますか?」。この言い方で十分に敬語として成り立ちます。

一方、間違った言い方として多く見られるのが「お越しになられる」「おっしゃられる」「お帰りになられる」「ご覧になられる」など。敬語というとどうしても「お(ご)」と「?られる」の形にしたくなってしまうのかもしれませんが、正しくは「お越しになる」「おっしゃる」「お帰りになる」「ご覧になる」です。
「お(ご)」と「?られる」は両方同時には使わず、敬語にしたいときにはどちらかを使うだけでいいのです。例えば「お帰りになられる」は上に挙げた「お帰りになる」、また「帰られる」も正しい言い方です。

ちなみに、「お考えになっていらっしゃいます」は二重敬語なのでしょうか。
答えはノー。「考える」の敬語が「お考えになる」であり、「いる」の敬語が「いらっしゃる」です。それぞれ別の動詞なので二重敬語にはなりません。

意外と使ってしまいやすい二重敬語、接客業に携わっている人は特に気をつけましょう。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧