雑学クイズzoo > 魚には白ワイン、肉には赤ワインを頼むべき?

zatugakuq1.gif
魚には白ワイン、肉には赤ワインを頼むべきなのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>フランスのワイン消費率が年々減少しているといいますが、日本ではワイン人口がぐっと増加しており、海外産ワインの輸入量はここ10年でおよそ二倍に増えています。
しかし、日頃ビールやチューハイといったお酒に親しんでいる人にとっては、ワインは敷居が高く感じるでしょう。フランス料理のイメージが強いせいか、飲み方にもいろいろとルールがあり純粋に楽しめないというのもその理由のようです。

確かにワインは他の酒以上に料理やつまみとのバランスが重視されます。その代表的な例が、「魚には白ワイン、肉には赤ワインが合う」というセオリー。ワインにさほど詳しくない人でも、これはフランス料理の常識として覚えているのではないでしょうか。
ですが実は、料理によってはその限りではありません。というのも、同じ魚・肉料理でも使われるソースや香辛料によって、味の印象はガラリと変わるからです。

例えば、赤ワイン風味のソースが添えられた魚料理、白胡椒だけでシンプルに焼かれたステーキ。これらは上のセオリー通りのワインでは、あまり相性はよくありません。
セオリーとして覚えるならば、軽い口当たりの料理には白ワイン、重くしっかりした味の料理には赤ワイン。もしくは、白身の魚なら白ワイン、赤身の魚なら赤ワインというように、性質の同じものを選ぶようにするといいでしょう。どちらか判断がつかない場合は、中間のロゼを頼むという手もあります。

フランス料理には「マリアージュ」という言葉があり、これはまさに料理とワインにおける相性のことを指します。これはフランス語で”結婚”という意味を持つ言葉で、つまり一緒に食べれば相乗効果でどちらのおいしさも引き立つ、というフランス人ならではのこだわりが生んだ料理用語なのです。
とはいっても、生粋の日本人にフランス人と同じ感覚を求めるのも無理な話。ワイン選びに迷ったらソムリエに任せてみるのも、スマートでよいでしょう。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧