雑学クイズzoo > 焼く、煮る、刺身…魚のDHAをたくさん摂れるのはどの調理法か?

zatugakuq1.gif
焼く、煮る、刺身…魚のDHAをたくさん摂れるのはどの調理法か教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>「頭がよくなる」と一時期脚光を浴びた栄養素、DHA(ドコサヘキサエン酸)。これは不飽和脂肪酸の一種で、脳や網膜の一部に含まれる脂肪酸の主成分のひとつです。人間の脳内における情報伝達に重要な役割を果たす他、血中コレステロール値を改善する効果もあります。
しかし、このDHAは人間の体内では微量しか作ることができず、必要な量のほとんどを魚などの食物から摂取しなくてはなりません。どんな魚に多く含まれ、またどうすれば効率よく摂取することができるのでしょうか。

DHAはサバやイワシといった、いわゆる「青魚」に多く含まれています。青魚以外にはウナギ、サケ、筋子、マグロのトロなどに多いです。
また、DHAは前述したように「脂肪酸」の一種であり、魚の脂に多く含まれています。このため、加熱によって脂が失われると、同時にDHAも失われてしまうのです。

炭火でじっくりと焼き上げた脂ののった焼き魚は絶品ですが、DHAをたくさん摂りたければ刺身や脂も一緒に摂取できる照り焼きがお薦めです。缶詰の汁にはDHAがそのままとどまっているため、汁ごと利用するのが理想。
高温で調理するフライは、DHAが揚げ油に大量に流出してしまうため注意が必要です。

もちろん、DHAを摂取したところで学校の成績が上がったり、近視が治ったりするという即効性があるわけではありません。しかし不足することで、ADHD(注意欠陥多動性障害)やアルツハイマー型痴呆といった深刻な影響が出ることも近年明らかになってきました。このようにDHAは痴呆防止や生活習慣病予防に欠かせない栄養素なので、身近な魚から賢く摂取したいものです。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧