雑学クイズzoo > コピー用紙には、なぜA版とB版があるのか?

zatugakuq1.gif
コピー用紙には、なぜA版とB版があるのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>オフィスでFAXやコピーを使うときに必要な用紙。今のところ、日本で最も使われている用紙のサイズはA4で、その他にA3、A5、B4、B5などとありますが、そもそもAとBの違いはどこにあるのでしょうか。

まずA版ですが、これは日本の規格ではなくドイツの工業規格院のサイズが元で、ドイツの物理学者でノーベル賞もとったオズワルドという人が考案したものです。
A版は基本をA0(日本ではA全と呼び841×1189ミリ)として、それを半分に折ったサイズをA1、またその半分に折ったものをA2…というように、半分に折っていくごとにサイズの数字が増えていくように決められています。
辺の縦と横の長さの比率は1:√2(ルート2)で、この比率の長方形のことをルート長方形といい、半分に折ってもこの辺の比率は変わりません。

一方B版ですが、これは日本で考案された規格で、江戸時代に徳川家御用達であった公用紙、美濃紙のサイズが元になっています。B0(B全)版は1030×1456ミリが基本となり、それを半分に折るとB1、その半分がB2…となり、A版と仕組みは同じで辺の比率も1:√2(ルート2)です。
しかし、このB版は日本独自の規格サイズなので日本だけで使われ、外国には存在しません。海外でB4やB5のサイズがないからといってクレームを出さないように…。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧