雑学クイズzoo > 車のエアバッグが一瞬で膨らむのはなぜか?

zatugakuq1.gif
車のエアバッグが一瞬で膨らむのはなぜか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>クルマの安全装備にはいろいろありますが、今や欠かせない装備のひとつがエアバッグです。
エアバッグは車両衝突時に、前面や側面から大きなバルーンが膨らんで運転席や助手席の人間を守るというものですが、実際これが開発されたおかげで、本来ならば命を落としてもおかしくないような大事故で、九死に一生を得たドライバーはたくさんいます。
とはいっても事故でも起こさない限り、エアバッグの作動状態を実際に目撃することはほとんどありません。たまにメーカーが行う衝突実験などをテレビで見るくらいでしょう。

エアバッグは衝撃センサー、バッグを膨らませるインフレーター、そしてコントロールユニットという三つのもので構成されています。
衝突を感知するとセンサーが信号を発し、コントロールユニットを経由してインフレーターのガス発生装置が点火し、発生したガスが瞬時にバッグを膨らませる仕組みになっているのです。
その一連の動作にかかる時間は、衝突時から数えてわずか0.2秒以内。瞬きをしている間に全てが完了するという、驚きのスピードです。

衝突時には、それによってクルマの速度がゼロになっても、慣性の法則によって車体が前に向かおうとする「減速G」という重力が働きます。エアバッグのセンサーが感知するのは実はこの重力で、衝突した瞬間からクルマはエアバッグを作動させるかどうかの分析に入り、分析終了後の0.05秒後には作動システムがスタート、その0.03秒後にはエアバッグが膨らみきるようになっています。

エアバッグそのものはナイロンでできたバルーンですが、柔らかいクッションなどとは異なり、それなりに堅さがあります。そのため膨張したエアバッグによって顔に擦り傷や打撲を受けることもありますが、それでもあるのとないのとでは事故時のダメージは雲泥の差です。
ただし、絶対に忘れてはならないのは、エアバッグはあくまでシートベルトの補助装置であるということです。いくらエアバッグが開いてもシートベルトを締めていなければ、その本来の効果は発揮できません。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧