雑学クイズzoo > 真珠の世界公式単位「匁」はどのくらいの重さ?

zatugakuq1.gif
真珠の世界公式単位「匁」はどのくらいの重さなのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>日本で古くから使われてきた長さの「尺」、重さの「貫」といった貫尺法の単位は、今日ではほとんど耳にしなくなってしまいました。唯一の例外である不動産の「坪」も、正式には認められておらず、契約書などには平方メートル単位で記されています。
ところが、真珠の取引の場面に限っては日本古来の貫尺法に由来する「匁(もんめ)」が公式に使われています。この匁とはどのくらいの重さで、なぜ現代でも使われているのでしょうか。

今では一匁は3.75グラムと決められており、これはちょうど現在の五円玉の重さに等しいものです。
実はこの匁という文字は、明治時代に入るまでは「文目」と書かれていました。これはその名のとおり一文銭の重さに等しかったためですが、明治時代になって「匁」の字が当てられるようになったのです。ちなみに、「貫」は匁の千倍に当たります。

このように古めかしさを感じさせる「匁」が真珠の取引で国際的に使われているのは、真珠の養殖を世界で初めて実用化したのが日本だったからです。
この場合はアルファベットで「momme」と綴られ、略号として「mom」が使われています。日本の計量法上はひらがなで「もんめ」と記すのが正しいとされています。

真珠の取引では、他にグラム、カラット(200ミリグラム)やグレーン(50ミリグラム)も用いられています。国際舞台で活躍する「匁」は日本産真珠の優秀さの象徴でもあるのです。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧