雑学クイズzoo > 疲れているときにオレンジジュースが効くのは本当か?

zatugakuq1.gif
疲れているときにオレンジジュースが効く、というのは本当なのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>冬場は空気が乾燥することで人間の粘膜も乾燥し、ウイルスが付着しやすくなるので風邪を引きやすいです。
風邪のウイルスは主に上気道の粘膜に付着することで引き起こされますが、この粘膜を丈夫にする働きがある栄養素がビタミンCです。ビタミンCは肌に潤いを与え、粘膜を強化し、特に全身の倦怠感や疲労回復にも大きな効果があります。

そのビタミンCを摂取するのに最もよいのは、オレンジをジューサーなどで絞って果汁のみのジュースを作ることですが、そんな手間はかけられないという人は市販の100パーセントオレンジジュースで代用しましょう。
成人の一日あたりのビタミンCの栄養所要量は約100ミリグラムで、市販のそのジュースには100グラム中にビタミンCが約35ミリグラム含まれています。理想としては、300グラムほど飲めば十分なのです。

また、ビタミンAもビタミンCと同様に粘膜を強くし、疲労回復や病気への抵抗力を高める働きがあります。他にも、目の疲れや乾燥を防ぐ効果があります。
これらビタミンCやビタミンAを効率よく摂取するには、オレンジジューストマトジュースニンジンジュースなどを混ぜて飲むとより一層効果がアップします。

ただし、加工品のミックスジュースの場合には食物繊維が除去されていることが多いので、なるべく手で絞ったものを作って飲むのがお薦めです。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧