雑学クイズzoo > フライト中にアルコールを飲むとエコノミー症候群になりやすい?

zatugakuq1.gif
フライト中にアルコールを飲むと、エコノミー症候群になりやすいのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>ここ数年、国際線の飛行機内で少々異変が見られています。以前なら機内での飲食は”機内サービス”として無料で提供されていましたが、このところの原油価格の高騰の影響でアルコール類を有料化する航空会社が出てきたのです。
しかし、フライト中にアルコールを摂取するのは、実はとても危険な行為。酔っ払って他人に迷惑をかけるのも危険ですが、本人も脱水症状を引き起こして死に至りかねません。

それでなくても機内は乾燥しており、長時間のフライトになると湿度は20パーセントにまで下がります。座っているだけで、体内から一時間に約80ccの水分が奪われていくのです。そんな環境の中で、ビールなど利尿作用の高いアルコール飲料を大量に飲むと、身体の中はカラカラになってしまいます。
飲んでいる本人は水分を摂っているつもりかもしれませんが、トイレに行くたびに飲んだ量以上の水分が出ています。そのまま水を飲まずにいると、しだいに喉の渇きだけではなく、頭痛や目まいを引き起こします。

更に、水分が減るとドロドロになった血液で血管がつまり、脳梗塞や心筋梗塞なども引き起こしかねません。最悪の場合「死」が待っています。

イギリス人女性が長時間フライトの後、空港で死亡したことで話題になった「エコノミークラス症候群」も、水分不足で血液中に血栓という血の塊ができたことが原因でした。狭いシートにじっと座っていると、足の静脈の血流が悪くなり、塊ができやすくなるのです。
彼女がお酒を飲んでいたかどうかは定かではありませんが、長時間フライトというのは機内で普通に過ごしていてもリスクは大きいです。やたらと飲みすぎないように気をつけましょう。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧