雑学クイズzoo > 北海道にはなぜ「別」という字のつく地名が多いのか?

zatugakuq1.gif
北海道にはなぜ「別」という字のつく地名が多いのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>北海道には、本州と違って変わった呼び方をする地名が多いですが、これらは元々アイヌ語がルーツの地名です。その中でも登別、紋別、芦別のように「別」という字がつく地名が多く、この文字はアイヌ語で「大きな川」を意味し、「ペツ」と発音します。
アイヌ語だと登別は「水の色の濃い川」、紋別は「静かな川」、芦別は「樹木の中を流れる川」という意味になります。

例えば札幌も、元々は「札幌別(芦原の大きな川)」と呼ばれていたのですが略されて札幌になり、長万部も元は「長万別(尻が横になっている川)」だったものが「別」から「部」に変化したものだといいます。
また、稚内や苫小牧のような地名のナイマイという発音は「小さな川」を表します。

ところでなぜ北海道にはアイヌ語の「川」に関係する地名が多いのかというと、これはアイヌの人たちの生活の基盤が川を中心としたものだったからです。彼らにとって川は鮭など重要な食糧が獲れる場所であり、なおかつ交通の要所でもあったのでとても重要視されていました。

アイヌ文化というと北海道限定の文化と考えがちですが、アイヌ語研究の第一人者である金田一京助博士も、福島県あたりまではアイヌ文化圏であったと述べています。
確かに、青森や岩手には地名のなかにアイヌ語と思われる「内」や「別」という字がつく場所が目立ちます。
山形県には庄内平野がありますが、アイヌ語で滝のことを「ショウ」または「ショー」と発音し、庄内とは「滝のある川」という意味になります。
また、青森の「ねぶた祭」の「ねぶた」もアイヌ語の「ネプタ」が起源であるという説もあり、これはアイヌ語で「なんだあれは」という意味になるといいます。確かに、誰でも初めてねぶたを見たらそう思ってもおかしくありませんね。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧