雑学クイズzoo > なぜ「6月の花嫁」が幸せになるといわれているのか?

zatugakuq1.gif
なぜ「6月の花嫁」が幸せになるといわれているのか教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>6月の花嫁は幸せになれる、というジンクスはいつから伝わったのでしょうか。辿っていくと、ルーツはヨーロッパのようです。

まず、6月をあらわすJuneという単語ですが、これはローマ神話で結婚の守護神であるジューノ(あるいはユノーともいう。ギリシャ神話ではヘラ)に由来しているため、それにあやかり6月は祝福の月であるというのが、一つ目の理由です。
次に、昔ヨーロッパでは農作業に忙しい3?5月の結婚は禁止されていたため、6月を待って結婚式を挙げていました。周囲の祝福も多く、挙式にふさわしいシーズンだというのが、二つ目の理由です。
更に、ヨーロッパではこの時期、晴天率が最も高いというのが三つ目の理由です。

しかし、日本で6月といえば梅雨シーズンに突入する頃ですし、お世辞にも最適な時期とはいえない気がします。
実はこれは閑散期の需要を拡大しようとしたブライダル業界の仕掛けです。じめじめした時期にガクッと落ちる6月になんとか客を集めようと、ヨーロッパの古い習慣を探し出してきてPRしたのが始まりなのです。

6月に結婚しても別れてしまうカップルはいますし、迷信といえば迷信にすぎません。しかし「結婚」に夢を抱く未婚女性は、この手の言葉に憧れるものなのです。「そんなのどっちだっていいじゃん」と一蹴すると、猛反発を食らってしまうかもしれませんのでご注意を…。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧