雑学クイズzoo > 和歌、俳句、川柳の違いとは?

zatugakuq1.gif
和歌、俳句、川柳の違いを教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>和歌や俳句というと、今では一部を除いてたしなむことが少なくなった感じがありますが、歌を詠むことは日本では昔から一種の娯楽として親しまれてきました。和歌も平安貴族たちだけの趣味ではなく、庶民の間でも流行っていました。

有名な『万葉集』には貴族たちが詠んだ歌が集められていますが、約三分の一は詠み人知らずとなっています。有名な歌人である柿本人麻呂でさえ生没年月日すら不詳で、貴族にしても身分はかなり低かったと考えられています。
詠われている内容は恋愛の歌が圧倒的に多く、現代のラブソングと同じような扱いをされていました。

さて、和歌には和歌の神様がいるのをご存知でしょうか。「和歌三神」とよばれ、住吉大神と柿本人麻呂と玉津島明神のことをいいます。このうち玉津島明神は女神であり、男尊女卑の気風が強かった時代とはいえ、女性でも歌を詠むことは禁じられていなかったことが分かります。

その和歌も時代が変わるとともに短縮化されます。和歌は五・七・五・七・七の31文字で構成されることが定型でしたが、それが時代とともに五・七・五調の俳句川柳という形に転化していきました。
川柳にいたっては、より庶民的な傾向が強くなり、内容的にもかなり風刺の効いた、ユーモア要素が増えていきました。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧