雑学クイズzoo > 時代劇を作るときに、時代考証家が最も悩むこととは何か?

zatugakuq1.gif
時代劇を作るときに、時代考証家が最も悩むこととは何か教えて下さい…。

zatugakua.gif
>>>以前NHKで放送されていた「お江戸でござる」という番組があり、その中の江戸時代の習俗と現代の対比を解説するコーナーがなかなか興味深い内容になっていました。そのようなテレビや映画の時代劇に必要なのが、時代考証家という人たちです。

江戸時代でさえ現代とかなり違う習俗なのですから、それ以前の時代のことはほとんど分からないのが実情です。そこで、それぞれの時代に流行った習慣、生活習俗、衣装などを文献や絵などを参考にして長い時間をかけて調べる時代考証家の仕事が不可欠。
中には調べるのに10年や20年かかるものも少なくないといいます。

時代考証家を最も悩ませることとは、衣装です。例えば平安時代の十二単などは、時代劇などでは毎回女優が着ているデザインが変わったりしますが、本当は一度来たら一週間から十日は着ていました。
現代とかけ離れた事実が分かるものの、なんとか時代劇に投影させるように努力しているのが時代考証家なのです。

ただし、いくら時代考証的に正しいことを主張しても、演出上の理由から受け入れられないこともあります。
昔の時代劇では時々武家の妻がお歯黒をしているシーンがありましたが、今ではほとんど見かけることはありません。お歯黒は当時おしゃれの一種であり、また虫歯予防の意味から流行した習俗なのですが、今の女優にとってはまるでコメディのようだと嫌がられ、無視されるようになったのがその理由です。
現代との兼ね合いで妥協することもあるのですね…。

,
雑学クイズzooコンテンツ一覧